病院のご案内

患者さんの権利と責務

ちくし那珂川病院は、「思いやり そして 努力、奉仕 そして よろこび」という法人の理念に則り、常に患者さんの状況に応じた適切な医療を提供できるように心がけています。
私たちは、以下に掲げる「患者さんの権利」を尊重した医療の提供に努めていますが、「患者さんの責務」、「医療従事者の裁量権」についてもご確認下さるようにお願いいたします。

患者さんの権利

  • 思いやりのこもった、礼儀正しい応対を受ける権利があります。
  • 安全で適切な医療を平等に受ける権利があります。
  • 病状・治療・予後について事実を知り、理解し納得できるまで十分な説明を受け、自由に意見を述べる権利があります。また、他の病院の医師の意見を聞く権利があります。
  • 診療録開示については、当院の手続きに従って、自己の全ての診療記録、画像、各種検査記録などを見たり、その写しの交付を受ける権利があります。
  • 十分に理解した上で、検査・治療法などに同意・選択・拒否をする権利があります。
  • 個人情報や、医療に関する情報の秘密は守られます。
  • 全ての医療費について説明を受ける権利があります。
  • 医療・介護・福祉・健康について医療従事者を通して学習する権利があります。

患者さんの責務

  • 良質な医療を実現するために、医師をはじめとする私たち医療従事者に、皆さん自身の健康に関する情報を正確に提供する責務があります。
  • 全ての患者さんが適切な医療を受けられるために、他の患者さんの診療に支障を与えないようにする責務、及び診療に協力する責務があります。
  • 医師および医療従事者の説明等で理解できないときは、その旨を伝える責務があります。

医療従事者の責務

  • 私たち医療従事者の良心や価値観に反するような要求や、安全な臨床医学の範囲を超えると判断されるような要求には応じられないことがあります。

「患者さんの権利と責務」の関連ページ

病院長紹介

当院長 渡邊昭博からのご挨拶です。

医療安全管理部について

当院の医療安全体制についてご案内します。

看護部のご紹介

やさしく、心のこもった看護を提供できるように日々努力しています。

社会医療法人喜悦会 ちくし那珂川病院