ちくし那珂川病院の「禁煙外来」

  • HOME
  • ちくし那珂川病院の「禁煙外来」

ちくし那珂川病院の「禁煙外来」

禁煙外来の受付を
当面の間休止させていただきます
受付再開が決まりましたら、
当サイトにてご連絡させていただきます。

「やめたいのにやめられない」という方のために医師のサポートが必要です。

2018年7月に「健康増進法の一部を改正する法律」が成立しました。受動喫煙防止条例の一部改正に伴い、 2019年7月1日より、 学校、病院、児童福祉施設及び行政機関庁舎などで、敷地内禁煙となりました。

煙草代の値上がりや副流煙の害など、喫煙者にとって辛い時代になりました。
健康面でも肺がんや脳卒中、心臓の病気だけでなく認知症などの危険があります。
1日20本から1日1本に減らす節煙でもこのような喫煙によるリスクは半分にも減ることはないというデータもあります。
だから禁煙は重要なのです。

当院では、禁煙補助薬を用いる禁煙外来を始めました。条件が満たされれば保険で禁煙を始められます。
当院では、禁煙補助薬(チャンピックス)を用いる禁煙外来をおこなっています。条件が満たされれば保険で禁煙を始められます。
料金は薬代を含め3割負担で2万円程度、煙草代より安く済みます。
3ヶ月間のうち5回の通院で禁煙できるよう丁寧にフォローさせて頂きます。
禁煙はいつ始めても遅すぎることはありません。ぜひご予約下さい。

当院は禁煙治療「ニコチン依存症管理料」に保険が適応できます。

保険が適応できる煙外来を受けるには、以下のすべての条件を満たすことが必要です。

  • スクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断
  • ブリンクマン指数(喫煙年数×本数)が200以上(35歳以上の方)
  • ただちに禁煙することを希望し、当院で治療を受けることを文書により同意。

禁煙治療のスケジュール

禁煙で得られる金銭面のメリット

社会医療法人喜悦会 ちくし那珂川病院