HOME > 入院のご案内 > 施設・病棟案内

施設・病棟案内

病院・施設紹介

1階 外来

1階

 

 

外来受診される方の症状は、様々です。また、病状をうまく表現できない、担当医にうまく伝えることができない場合もあります。患者さんが本当に伝えたいことや言葉にできない“心の声”が聴けるように常に笑顔で接し、話しやすい雰囲気や環境を作っています。また、患者さんが、超音波検査や胃カメラをはじめとする諸検査、処置などを安心して安全に受けて頂く事ができるように配慮し、看護を行っています。専門用語ではなく、患者さん目線のわかりやすい言葉での説明や対応を心掛けています。

些細な体調の変化や体のことで気になること、どんな些細なことでも構いませんので、何かありましたら、遠慮なくご相談下さい。

2階 療養病棟(療養病床・地域包括ケア病床)

2階

2階病棟には、急性期の治療を終えたのちに、退院までに医療・看護・日常生活のケアなどを必要とされる患者さんが、多く入院されています。

患者さんによっては、入院期間が長くなり、環境や生活の変化に不安や戸惑いを感じることもあります。そのような不安や戸惑いを取り除くためにも、私たちの病棟では、医師をはじめとし、看護師、介護福祉士などが、他部署との連携を図り、患者さんやそのご家族にも満足して頂けるように、患者さんの希望を大切にし、真心をこめて、医療、看護、日常生活のお世話など行っています。

また、治療や看護などを行うだけでなく、院内で行う敬老会などの行事への参加や地域行事の見学なども企画、実行しています。そのような時の患者さんの嬉しそうな表情に触れることで、スタッフ一同も自然と笑顔がこぼれ、嬉しくなります。

人生の最後のステージとなる方も多く、最後までその人らしくしてもらえるように、患者さんやご家族のご希望を大切にし、医療、看護などを行っています。

 

3階 療養病棟(在宅復帰機能強化型療養病棟)

3階

3階病棟は、急性期の治療が終わった後にも、退院までに、引き続き治療が必要な患者さんが多く入院されています。

入院されている患者さんの多くは、在宅復帰を目指されており、私たちの病棟では、リハビリテーション科と連携し患者さんの自立支援やケアマネージャーとの連携などを行いスムーズに在宅復帰ができるように取り組んでいます。

口腔ケアや特殊浴槽を利用した入浴介助などのスキンケアや褥瘡にならないように専門のチームが中心となり、患者さんの状態に応じたベッドマットの選択などを行っています。

患者さんが、自分らしく生活できるように、医師、看護師、介護職員をはじめとしたスタッフ一同がチームを組み、患者さんやご家族のご希望を取り入れながら、治療などを行い、在宅復帰のお手伝いをしています。

スタッフ一同、優しさと笑顔をモットーに医療、看護などを行っています。

4階 地域包括ケア病棟

4階

4階病棟は、急性症状や終末期の患者さんなど幅広い状態の患者さんが入院されます。

入院が初めての方や当院での入院が初めての患者さんが多いので、患者さんやご家族が安心して入院して頂けるように、日々、患者さんやご家族とのコミュニケーションを大切にしています。

幅広い状態の患者さんの看護や介護ができるように、院内での研修のみならず、外部での研修に参加し、知識や技術の向上を図っています。患者さんやご家族、スタッフ間での話し合いにより、その人らしく生きる為の尊厳を重視した看護や介護に取り組んでいます。

私たちの喜びは、患者さんの笑顔です。患者さんの笑顔を力にして医療、看護などを行っています。

看護部紹介

やさしく、心のこもった看護を提供できるように、また、安心して医療が受けられるように日々努力しています。院内での研修のみならず、外部での研修により知識や技術の向上を図り、コメディカルスタッフと連携し、最適な看護の提供に取り組んでいます。知識や技術のみならず、寄り添った看護を通して、安心して治療に専念できる雰囲気づくりをしています。

佐伯 輝子看護部長 佐伯 輝子

平成27年9月から新しく病院名が「ちくし那珂川病院」に変わりました。時期を同じく、9月1日に看護部長として就任しました佐伯 輝子でございます。私の今までの看護経験は、34年間の臨床と7年間の看護教育、それに1年間の介護施設での経験です。今までの経験を活かしながら、新しい職場で精一杯、頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。
看護職は、患者さんお一人おひとり、その人らしさを支えるために、看護学を用いて、生活を整える専門職であると考えます。そのためには患者さんが抱えている病気や苦痛症状、不安などの訴えを共有し、患者さんの思いに共感し、頑張りを認め(肯定)、力を添えて協力(支持)し、頑張りを一緒に振り返り問題を解決していくこと(強化)が必要となります。また、常に患者さんと向き合うことにより、患者さんと看護職員との双方の心に残る関係ができ、患者さんは自分らしさを取り戻します。看護職員は、看護を通して、たくさんのことが学べ、成長することができるのです。私はこの様な患者さんとのかかわり(ケアリング)を目標に今までやってきました。
このちくし那珂川病院には、素晴らしい職員が大勢います。今まで築きあげられた歴史の中に、人に対する優しさがしっかり育っています。職種間の垣根を超えたチームワークもしっかりとれています。これからも、さらに職員一丸となってしっかりと患者さん・ご家族を支えてまいります。
これからも、近隣の医療機関をはじめ、多くの医療機関との連携を強化しながら、よりよい病院となりますよう努力を続けてまいります。

ちくし那珂川病院へのお問い合わせ

お問い合わせ・交通アクセス

  • 西鉄二日市駅(西口)より
    徒歩約8分
  • JR二日市駅より徒歩約5分
    (筑紫野市二日市中央3-6-12)

診療時間・休診日

午前の部
9:00~12:00
午後の部
13:00~17:00
休 診
土曜午後・日曜・祝祭日

二日市中町病院


【診療時間】
9:00~12:00、13:00~17:00
(土曜午後・日曜・祝祭日は休診)

  • 那珂川病院
  • 健診センター
  • デイサービスセンター清和
  • オレンジハウス清和